副作用

アルバニアホワイトクリームに副作用はない?気になる副作用を調べました!アルバニアホワイトクリームの副作用が心配な方はご覧ください。
MENU

副作用はあるの?

 

 

肌に直接塗って使用するアルバニアホワイトクリーム。

 

毎日使用するものなので、副作用や危険性があったら困りますよね。

 

そこで、アルバニアホワイトクリームの成分や、安全性について調べてみました。

 

 

アルバニアホワイトクリームが気になっているけど、成分が気になる。

 

副作用が出たらどうしよう。と、考えていた方は必見です!

 

 

アルバニアホワイトクリームの主な成分「トラネキサム酸」について

 

まず、アルバニアホワイトクリームの主な成分「トラネキサム酸」。

 

トラネキサム酸は、肝斑への改善薬として効果が認められている成分で、

 

医療機関でも、肝斑と診断された患者さんへ処方した実績もあります。

 

 

肝斑は、女性ホルモンのバランスの乱れが1つの要因と言われていますが、

 

直接女性ホルモンに影響する訳ではないので、安心して使用出来る成分です。

 

 

元々は抗炎症薬や、止血剤として、医療の現場で使われていた薬です。

 

更に、喉の炎症を予防する薬や、歯磨き粉にも使われていることも!

 

このことから、特に危険のある成分ではなく、安全性の高い成分だということが分かりますね。

 

 

 

アルバニアホワイトクリームの主な成分「グリチルレチン酸ステアリル」について

 

まず、アルバニアホワイトクリームのもう1つの主な成分「グリチルレチン酸ステアリル」。

 

シャンプーや石鹸にも、配合されているこちらの成分。

 

グリチルレチン酸ステアリルは、消炎効果が高く、肌荒れやニキビを予防してくれる効果があります。

 

 

医療では、皮膚炎を治す治療薬として。

 

化粧品では、ニキビの炎症を抑えるために、よく使われている成分の一つです。

 

 

ニキビ用の化粧品によく使用されている「グリチルリチン酸ジカリウム」という成分がありますが、

 

グリチルレチン酸ステアリルは、グリチルリチン酸ジカリウムの、約2倍の抗炎症効果があるとも言われています!

 

 

こちらの成分も、トラネキサム酸同様、安全性の高い成分だということが分かりました。

 

 

口コミを調べてみても、副作用が出た方や、肌荒れが起きた方はいなかったので、

 

アルバニアホワイトクリームは、副作用や危険性の心配はなく、安心して使用できるクリームでした。

 

⇒アルバニアホワイトクリームの公式サイトはこちらから

 


このページの先頭へ